まだ生きられる

自分という人間は、本当に心がもろくて
人生の本分である創作活動に全く手が付けられないと、何もかも沈んだ気持ちになってしまいます。
自分が送りたい生活・人生のイメージはあるのに、そこに行きつく勇気も度胸も持ち合わせてない状態です。

そんな中、仕事の出張先で何気なく買ったお土産を渡しておこうと
姉の家へ行きました。

まだ1歳にもなってないのに、いや、なってないからこそでしょうか。
つい2,3カ月前にあったばかりの甥の成長を感じました。
時間は確かに過ぎ去っています。


甥と姉夫婦と一緒に、訪問した自分を駅まで送るついでに一緒に散歩しました。

外は晴れています。
いい形の入道雲がありました。

あまりにもいい天気だと、空から無理やりにでも元気を出せと言われているような気がして好きではないのですが、
今日は良い気分になりました。

まだ、生きていられます。

それでは。

Follow me!