終わりは確かに

去年も今年も、昭和を代表する名優や作家の方の訃報が多く入ってきます。

勿論私はその世代の人間ではなかったため、訃報を聞いても哀悼の意以外は特になく、「昭和が終わっていくなぁ」なんて昭和を知らない人間らしく他人事のように思っていました。

先日、アニメポケットモンスターの主人公であるサトシがいよいよ代替わりするとのことで、来年1月にサトシの物語の最終章全11話が放送される予定です。春からは全く新しい主人公たちの物語が始まります。

カントーから始まったサトシの旅も、リアルの世界では20年以上続いています。声優の年齢等様々な事情があるにせよ、ぼくたちが観ることのできるサトシの冒険は、もう終わってしまうということです。

人の死と比べると、実に矮小な話なのかもしれません。それでも、自分が子供のころから慣れ親しんだものに終わりがきているので、何とも言えない気持ちになります。

昭和が終わるんだなぁなんて他人事に思っていましたけど、自分にとっての「その時」も確実に近づいていることを実感しました。

なんにでも、終わりがあります。

それでは。

Follow me!