WINO「太陽は夜も輝く」

つい先日、ハンターハンターが3年ぶりに連載を再開するという嬉しいニュースが飛び込んできました。

今年の6月ごろ、冨樫先生が急にTwitterを開設し、定期的にハンターハンターの原稿の進捗を画像でアップし始めました。多くのファンが驚き、喜んだことでしょう。もちろん、僕もその一人でした。

子供のころにアニマックスで観たハンターハンターのアニメ(残念ながら私はリアタイで観た世代ではありませんでした)。これまでのジャンプ作品らしくない、ダークで深みのあるストーリーはすっかり僕を魅了させました。特に名作と評されるヨークシン編、欲望渦巻く裏社会を舞台に、幻影旅団との争いや交渉などを描いた本編は、まさにハンターハンターの魅力が詰まった部分ですね。このヨークシン編は、その映像のクオリティの高さは勿論、この曲との組み合わせがとてもよかったのを覚えています。

というわけで、今回紹介する曲はWINOより「太陽は夜も輝く」です。

まずはバンドのご紹介を

WINO(ワイノ)は、1995年に結成された5人組のロックバンドです。幼いころをイギリスで育ったヴォーカルの吉村潤氏を中心としたこのグループの特徴は、UKロックの影響を強く受けた、太くて低音のグルーヴを活かした曲調にあり、UKロックファンから親しまれてきました。

そして、2000年に発表した7枚目シングル『太陽は夜も輝く』のメインである本曲は、ハンターハンターのヨークシン編のOPとして起用されて大ヒット。今でも当バンドを代表する人気曲となりました。

しかし、その後の契約関係がもとにメジャー活動が困難となり、2002年の全国ツアー後に惜しまれつつも解散しました。メンバー同士の仲はとてもよく、解散後も交流を取っているのは、ファンにとって一つの救いではないでしょうか。

何かと本曲ばかりが取り上げられるWINOですが、もちろんそのほかの曲も名曲ぞろいです。

ハンターハンターのみならず、数あるアニメタイアップ曲の中でも一番好きな本曲。今夜はこれを聴いて作業しようかな。

因みに、つい最近ビクターエンタテインメントより、WINOのミュージックビデオの動画達がアップされました。もちろん、WINOの代表曲の本曲も挙げられています!(なにかあるんでしょうか・・・!?)

20年を経てもなお愛される名曲、WINOの「太陽は夜も輝く」でした。

それでは。

Follow me!