銀杏

人通りの多い交差点、そびえ立つビル群。

ここにきていろんな景色を見ては「東京にいるんだなぁ」なんて思っている田舎者ですが、ついこの間、最も東京らしいことを感じました。

それは、街路樹としてあちらこちらに並んでいる銀杏の木です。

都の植物となっている銀杏。江戸時代に多く植林されたそうです。

故郷ではちらほら見かけた銀杏でしたが、長いこと暮らしてきた北国ではすっかり見かけませんでした。「外から来たよそ者だからこそ、気付けることなのかなぁ」なんて、少し得した気分になりながら街路樹のそばを散歩していました。

北国では、ちょうど紅葉のシーズンに入るころです。東京の銀杏の落ち葉が黄色い絨毯を作るのはもう少し先だけれども、この街で暮らす楽しみが増えました。

それでは。

Follow me!