Vaundy「世界の秘密」

今日は、新進気鋭のアーティストを一人紹介。

Vaundyより「世界の秘密」です。

まずは、アーティストのご紹介を

Vaundy(バウンディ)氏は、2019年より活動を開始したシンガーソングライターです。

なんと、現在22歳の現役大学生(今年で卒業するのかもしれませんね)というから驚きです。

Vaundy氏の特徴は多彩な表情を見せるマルチクリエイターであるということです。

作詞・作曲・編曲のみならず、アートワークやMVなどの映像のプロデュースにも携わります。

また、その音楽性も自由そのもの。

激しいロックを発表したかと思えば、明るいヒップホップ調の曲を発表したりします。

「現代のオリジナルは、散らばったピースを面白くはめること」

Vaundy氏は、現代の創作感に対してそう語っていました。

これは、絵や映像など、他の創作活動全てに言えるのかもしれませんね。

そして、今日紹介する曲は、2020年に発表された「世界の秘密」。

僕がVaundy氏を知るきっかけになった歌です。

最初のコロナ禍が直撃した年。多くの人が未曽有の状況に不安になった年ですね。

Vaundy氏も例外ではなく、「悲しい出来事が存在するからこそ、たまに起きる楽しい事や笑顔を嬉しく感じるのだな」

というイメージで作成したそうです。

様々な情報や思想が錯綜し、多くの正義が複雑に絡み合っているこの世界。

「そんな状況こそが世界の秘密だったのかもしれない」

Vaundy氏の、自由な音楽性と若い感性がよく表された一曲です。

YoutubeにMVがアップされているので、是非聴いてみてください。

これからのさらなる活躍が楽しみですね!

Vaundyの「世界の秘密」でした。

それでは。

Follow me!