amazarashi「夏を待っていました」

気づけば6月も佳境。

夏がすぐそこまで来ていますね。

こんな時期にぴったりの曲があります。

amazarashiのお時間です。

今日紹介する曲は「夏を待っていました」です。

本曲は、2010年発売のミニアルバム『爆弾の作り方』に収録されています。

このアルバムは、amazarashiのメジャーデビューアルバムのでもあり、

本アルバムのリード曲であるこの曲は、初期のamazarashiを代表する人気曲の一つです。

ベストアルバムの『メッセージボトル』にも収録されています。

この曲は、思春期のとある6月の秋田ひろむ氏の実体験や知人の話などを基に作られた歌です。

詩で綴られるのは、決して『僕の夏休み』のような爽やかな青春ではなく、閉鎖的で寂れた田舎町での経験となっています。

秋田ひろむ氏も、本曲には、当時の自分のどこか切羽詰まった気持ちも反映されていると言っていました。

物語調の歌もよくあるamazarashiの楽曲ですが、その源流ともいえる作品ですね。

  

因みに、本曲のMVは、今となってはamazarashiのMVではお馴染みのYKBX氏が初めて手掛けたものとなっています。

amazarashiの歌とYKBXのアニメーション映像が見事にマッチしたこのMVは、多くの賞を獲得。

後に続くYKBX作のMVの系譜へとつながっていきます。

amazarashiの様々な魅力の源流が詰まった本曲。

夏が迫るこの時期に聴いてみてはいかがでしょうか。

amazarashiの「夏を待っていました」でした。

それでは。

Follow me!