映画『犬王』

先日の土曜日、湯浅監督のアニメ映画『犬王』を観に行きました。

室町時代に猿楽の大家として観阿弥・世阿弥親子と並んで評価されるも

未だ謎の多い能楽師の犬王。

この映画は、古川日出夫氏の「平家物語 犬王の巻」を原作としてします。

そして、キャラクターの原案は漫画家の松本大洋先生。

この湯浅・松本コンビは、『ピンポン The Animation』以来ということで

ずっと楽しみでした。

 

とある呪いによって異形として産まれた「犬王」。

そして、盲目の琵琶法師「友魚(ともな)」。

今日で出会った二人は、歴史の闇に葬られた平家の物語を、二人独自のスタイルで語り継いでいきます。

犬王役は、ロックバンド「女王蜂」のボーカルのアヴちゃん。

高い歌唱力と表現力をもって、見事なミュージカルシーンを演出しています。

個人的に面白すぎて、その日のうちに2回観に行っちゃいました。

やっぱり、歴史&芸能は自分にとってドストライクかもしれません。

 

6月3日には安彦良和先生が監督の「ガンダム ククルス・ドアンの島」が放映されます。

いやぁ、こちらも楽しみですね。

それでは。

Follow me!