シン・ウルトラマン(ネタバレ回避)

今日は午前中に映画「シン・ウルトラマン」を観に行きました。

脚本は庵野秀明氏、監督は樋口真嗣氏の「シン・ゴジラ」タッグ。

特撮オタクの庵野秀明氏が脚本を手掛けたウルトラマンということで楽しみでした。

公開初日のため、ここではネタバレを避けますが

ウルトラマンをあまり知らない人が楽しめるのは勿論

ウルトラマンのオールドファンの方ならニヤッとするようなこだわりもありました。

私は、リアルタイムでウルトラマンを観た世代ではないですが、

ウルトラマンが好きだったので、随所にみられるこだわりにニヤニヤしつつも

庵野氏の斬新な脚本や考察に新鮮味を感じました。

 

いやぁ~あっという間でしたね。

もっと尺があればなぁって思ったくらいでした。

来年公開予定の「シン・仮面ライダー」の特撮映像も解禁され

特撮ファンにとっては、今後も目が離せないこと間違いなしですね。

 

それにしても、DAICON FILMで帰ってきたウルトラマンを自主制作するほど好きだった人が

円谷プロとの協力で本当にウルトラマンを作ることになるなんて、夢がありますよね~。

特撮というジャンルが日本にあって本当に良かったと思いました。

皆さんも是非、劇場に足を運んでみてください。

それでは。

Follow me!