本屋に生息

日曜日はモールをぶらぶらしていました。

映画館によろうと思ったのですが、生憎見たい映画はそこでは放映されず、本屋によって有川ひろ先生の本を手に取り

暖房のきいたカフェでぬくぬく過ごしていました。途中で「あっめぐみの大吾の最新巻かい忘れた!」と本屋に戻って再び物色。

目的の本+α(また買った)を手に取って、今度はミスドへ。毎日をこんな風に送ることができたら、もう最低限のお金でいいと思ってしまいます。それでも、そういかないものですから、いやはや、難儀なものですね。

本屋に住み込むことができたら楽しいだろうな。

それでは。

Follow me!