朗報と朗報?

今日はいい知らせと良いかもしれない知らせが2つ。

いい知らせは、「日常」や「CITY」のあらゐけいいち先生が

月刊少年エースで「日常」の連載を開始するということ。

最終回から実に6年・・・。また「日常」の個性豊かなキャラクターたちに

会えるとは嬉しい限りです。特に中村先生は一番のお気に入りなので

なのちゃんとどのようなやり取りがされるのか楽しみで仕方がないですね。

 

そして、良いかもしれない知らせは、AmazonがKindleでの紙刊行サービスの

「Kindle ダイレクト パブリッシング(以下:KDP)」を日本でも開始するとのこと。

つまり、個人が作った漫画などの作品を、出版社を介さずにKindle上で出版できます。

今までは電子書籍限定だったが、紙媒体での出版も可能になりました。

注文されてから印刷・製本されるスタイルなので、自費出版する際のリスクである

初期費用がほとんど無料で済む。原稿データを登録しておくだけでいいんですね。

そして、売り上げの6割が作者に還元される。

 

いつか、コミティアで自分の作品を出品してみたいと思っている自分にとっては、

誰でも気軽に自分の作品を商品化できるスタイルはとても魅力的。

その反面、いくつかの印刷業者がAmazon傘下になること、そして中小規模の

出版社や書店が縮小傾向になってしまうことが不安になってくる。

書店好きな自分にとっては、今後どのようになっていくのか気になるところです。

う~ん、どうなることやら

それでは。

Follow me!