野狐禅「首をかしげて」

久々に竹原ピストル氏のMVを観ていて・・・

「そういえば小さい時、フォーク好きの親戚が野狐禅をよく聴いてたなぁ」と

PC内の野狐禅のアルバムを総当たりして聴いた。

そんな中で、よく聴いてたものを1曲。

野狐禅の「首をかしげて」です。

 

まず、野狐禅(やこぜん)を知っている人ももう立派なおじさん世代ですね・・・。

それこそ、世代でないぼくでさえも、その親戚や、各アルバムの10周年の再販が

なければ、出会うことはなかったかもしれません。

野狐禅は、1999年に竹原ピストル氏と濱埜宏哉(はまのひろちか)氏の2人による

フォークソングバンドです。 大学生時代に出会った二人が、

卒業後に大学のあった北海道を中心として活動を行い、次第に人気を獲得。

2009年の全国ツアーでその活動を締めくくりました。

その後も、お二人はソロでご活躍なさっていますね。

 

今の竹原ピストル氏にも通ずるソウルフルな楽曲が魅力の一つです。

そんな楽曲の中でも特に好きな「首をかしげて」。

楽曲の中では比較的落ち着いたテンポです。

曲の中での各シーンにおいて現れる一種の虚しさや寂しさに気付けない歌い手が

木漏れ日に差し込まれた中、首をかしげます。

 

天気のいい日に限って、何か寂しいような虚しいような・・・

一人になりたい日ってありますよね。

そんな日の気持ちを如実に表しています。

野狐禅はほかの楽曲も人気なので、是非聴いてみてください。

野狐禅の「首をかしげて」でした。

それでは。

Follow me!