重松 清「幼な子われらに生まれ」

前回は曲を紹介したので、今回は本を一冊。

好きな作家さんは数多くありますが、重松清先生の本は特にお気に入り。

そして今日は「幼な子われらに生まれ」を紹介します。

この物語の主人公はバツ1の37歳の男性。

彼は、二度目の妻とその連れ子である2人の娘と新しい家庭を築こうと努力していた。

しかし、妻の妊娠を契機に長女の薫は露悪的な態度をとるようになり、

しまいには「本当のパパに会いたい」と言いだした。

主人公も、そんな今の娘たちと前妻との娘を比べてしまい、新しい家族に息苦しさを感じてしまう。

しまいには妻に「子供を堕ろせ」と言ってしまい・・・

この物語は、重松作品でもよく取り上げられる「家族」を題材にしていますが、

大人と子供の目線の違いがよく書き分けられており、それによっておこるすれ違いが

見事に描かれています。

それでも、最終的に「家族」とは何かを彼らなりに見つける感動的な作品です。

是非、読んでみてください。

重松 清の「幼な子われらに生まれ」でした。

それでは。

Follow me!